スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福知山線脱線 JR西日本歴代3社長の起訴状要旨(毎日新聞)

 JR福知山線脱線事故で業務上過失致死傷罪で起訴された元JR西日本社長の井手正敬(75)、南谷昌二郎(68)、垣内剛(66)の3被告の起訴状の要旨は次の通り。

【写真特集】もう一度事故の様子をみる JR福知山線脱線事故

 (1)井手被告は92年6月~97年3月、南谷被告は97年4月~03年4月、垣内被告は03年4月~06年2月、社長として会社の業務を統括し、事故防止についても、経営会議などを通じて必要な指示を与える立場だった。また、社長在任期間、社内の総合安全対策委員会委員長として、鉄道の運行に関する安全体制を確立し、重大事故を防止するための対策を指揮すべき業務に従事していた。

 (2)同社は東西線開業に伴い、福知山線を東西線、片町線と直結させて利便性を高めようと計画。福知山線の列車本数を大幅に増やして利用客増による収益拡大を図るという経営方針の下、福知山線から東西線への乗り入れを円滑にするため、兵庫県尼崎市久々知3の福知山線上り(尼崎駅方面行き)線路の右カーブ(現場カーブ)を従来の半径600メートルから半径304メートルのものに付け替えた。その結果、現場カーブの制限速度は時速95キロから同70キロに変更され、手前の直線部分の制限速度(時速120キロ)との差が時速50キロに拡大した。現場カーブの付け替え工事は96年12月に完成し、97年3月に運行を開始した。

 (3)現場カーブの半径を半減させるという、他に類例を見ない変更により、快速列車の現場カーブにおける転覆限界速度は時速105~110キロに低下し、現場カーブ手前の直線部分の制限速度の時速120キロを下回った。さらに、ダイヤ改正で快速列車の本数が1日34本から94本に増えたため、運転士には従来以上に定刻運転の要請が強まり、現場カーブの手前まで制限速度の時速120キロかそれに近い速度で走行する可能性が高まった。従って、運転士が何らかの原因で適切な減速をしないまま、このような速度で現場カーブに進入した場合、脱線転覆する危険性が差し迫っていた。

 (4)現場カーブの変更時や東西線開通時、井手被告は社長として▽南谷被告は副社長として▽垣内被告は取締役経営企画部長として、(1)現場カーブの半径が600メートルから304メートルに変更されて曲がり具合が急になっており、また、手前の直線の制限速度が時速120キロであることから、現場カーブ手前で相当減速しなければならないこと(2)カーブ変更工事の完成を控えた96年12月4日、函館線の半径300メートルのカーブで貨物列車が速度超過して脱線転覆する事故が発生していたのをはじめ、過去にも速度超過によるカーブでの脱線事故があったこと(3)東西線開通に伴うダイヤ改正により、快速列車の本数が著しく増加したこと--を認識していたことなどから、運転士が適切に減速しないまま現場カーブに進入した場合、脱線転覆事故が発生する危険性を予見できた。

 (5)このため、井手被告はカーブ変更工事とダイヤ改正の際▽南谷被告は97年4月に社長及び総合安全対策委員会委員長に就任後速やかに▽垣内被告は社長就任後の03年9月29日にあった経営会議で福知山線にATS(自動列車停止装置)を整備する工事計画を決定する際、それぞれATS整備の主管部門を統括する鉄道本部長に対し、既に社内で危険性の高いカーブに整備されるべきものと認識されていたATSを現場カーブに優先的に整備するよう指示すべき業務上の注意義務があったのに怠り、変更後の現場カーブにATSを整備しないまま、手前の直線を転覆限界速度を上回る速度で列車を運行させた。

 (6)これらの過失により、05年4月25日午前9時18分ごろ、宝塚発同志社前行き7両編成の快速列車を運転士が適切に減速せずに時速約115キロで現場カーブに進入し、ATSがなく自動的に減速できず、脱線転覆させて線路脇のマンションの外壁などに衝突させ、乗客106人を死亡、493人を負傷させた。

【関連ニュース】
福知山線脱線:JR西歴代3社長を強制起訴 指定弁護士
福知山線事故:JR西 漏えい防止策進ちょく状況など報告
JR脱線事故:9割「報告書に不信」…遺族らにアンケート
JR福知山線脱線:歴代3社長、強制起訴前に聴取せず

【高速道路新料金】前原国交相反論「方針通り進める」(レスポンス)
川崎汽船のタンカー被弾=インド洋で海賊襲撃-国交省(時事通信)
車両不具合1.7万人影響 大阪のJR片町線(産経新聞)
タクシー運転手刺される 男3人、現金4万円奪い逃走(産経新聞)
<強盗未遂>客が傘で撃退 男が逃走…愛知・豊田の郵便局(毎日新聞)
スポンサーサイト

テレビ朝日に銃弾? 届く=脅迫容疑で捜査-警視庁(時事通信)

 東京都港区のテレビ朝日に散弾銃の銃弾のようなものと脅迫文が入った封筒が届いていたことが23日、警視庁麻布署への取材で分かった。「反日放送やめろ」と書かれており、同署は脅迫容疑で捜査している。
 テレビ朝日広報部は「現状では事態の推移を見守りたい」としている。 

【関連ニュース】
ローソンに脅迫文、現金要求=カッター刃商品との関連捜査
ミクシィで同級生に「死ね」=容疑で農林中金職員逮捕
民主党県連職員を脅迫=元外務官僚を容疑で逮捕
西部ガス狙い連続発砲か=役員親族宅にも弾痕、けが人なし
日本医師会で配達の花発火=けが人なし、脅迫容疑視野に捜査

<東広島市議補選>「聞いたことがない」投票率1けた   (毎日新聞)
民主、自民両党に地方消費税の拡充要請 全国知事会(産経新聞)
遅刻原因は「事務的な日程管理のミス」 答弁書(産経新聞)
<あま市長選>旧甚目寺町長の村上氏が無投票で初当選 愛知(毎日新聞)
六甲高山植物園でミズバショウ見ごろ(産経新聞)

数量減も熱気と香り…静岡で新茶の初取引始まる(産経新聞)

 新茶シーズンの到来を告げる恒例の新茶初取引が静岡市葵区北番町の静岡茶市場で19日朝、行われた。3月末の霜害の影響で発育が遅れ、静岡県産の茶の取引数量が前年比8割減の約1400キログラムと大幅に落ち込んだが、市場内は生産者や茶問屋約800人の熱気と芳しい茶葉の香りに包まれた。

 午前7時のベルが鳴るとともに、問屋と生産者との値段交渉が開始。問屋が茶葉の香りや手触りを確認し、金額をそろばんを使って提示、商談が決まると「パンパンパン」と威勢の良い手締めの音が響いた。

 最高値が付いたのは、31年連続で静岡市清水区の両河内産「やぶきた」で、1キロあたり10万円。生産者の細川豊・両河内茶業界会長(48)は「家庭用ストーブを使って寒さを防いだ。まるで子供を育てるのと一緒だ」と金額ににっこり。

 同市場を訪れた川勝平太静岡県知事は「(霜の影響でお茶を取り巻く)状況は苦しい。でも、これ以上悪くなることはないと思えばいい」と関係者を励ました。

【関連記事】
新茶に凍霜害、初取引に影響も 静岡
京都で日本一早い新茶の初摘み 土を使わぬ栽培
【大人の社会見学】京都・宇治田原町の新茶 手で摘み確認、うまみ凝縮
サクラエビ漁、天候不順で大幅遅れ 静岡
天狗の榊奪う奇祭 静岡・島田で日吉山王権現縁日 
外国人地方参政権問題に一石

着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」-米貨物機炎上・安全委(時事通信)
17日の欠航、18便に=火山灰で欧州線-日航・全日空(時事通信)
職場をカメラで監視=複数の執行官が関与-青森地裁(時事通信)
モスバーガーに64歳ナタ強盗…家なく金なく(読売新聞)
郵便不正、元局長「作文調書」署名求められた(読売新聞)

介護保険法施行以降、最多の倒産件数―訪問介護事業者(医療介護CBニュース)

 昨年度に倒産した訪問介護事業者は、介護保険法が施行された2000年度以降で最多を記録したことが、4月12日までの東京商工リサーチの調べで分かった。多くが小規模事業所で、ほとんどが再建の見込みのない「破産」を選択していた。

【訪問介護事業者の倒産状況詳細】


 同社によると、介護保険が導入された2000年度から03年度までに倒産した訪問介護事業者は1件だった。ところが、06年度に実施された介護報酬の引き下げや制度の抜本改正が事業者の経営を直撃。同年度以降、倒産する事業者が急増した。さらに08年のリーマンショックで消費者の節約志向が強まった結果、事業所の業績はさらに悪化し、09年度の倒産件数は前年度(13件)の倍近い24件に上った。

■「24件は氷山の一角」

 倒産の原因で最も多かったのは「販売不振(業績不振)」(19件)で、そのほかには「事業上の失敗」(3件)などが見られた。事業所の規模別では、「5人未満」が16件と全体の3分の2を占めており、小規模事業所の倒産が相次いでいることが明らかになった。負債額別では、「1億円未満」が22件(91.6%)に上っている。倒産の形態別では、全体の9割近くに当たる21件で「破産」を選択していた。

 同社では、「24件という倒産数は『氷山の一角』にすぎない。廃業したり、事業縮小に追い込まれたりする訪問介護事業者はもっと多いと推測される」と分析している。


【関連記事】
社会福祉法人の経営適正化を推進‐東京都
老人福祉事業の倒産、過去最悪に―帝国データ調べ
老人福祉事業者の08年度負債額、前年度比68.2%増
老人福祉事業の倒産、01年以降最悪に
重労働、生計立てられず「続けられない」―2008年重大ニュース(6)「介護現場で人材不足深刻化」

火葬せず、ペット以外の骨渡す? =犬死骸投棄、詐欺でも捜査-埼玉県警(時事通信)
ガス業界、熱利用の新インフラ スマートグリッドに対抗(産経新聞)
学校警備員、継続ピンチ 大阪府の防犯助成終了へ(産経新聞)
出産時出血で対応指針=救急指標利用し迅速判断-大野病院事件機に5学会(時事通信)
受動喫煙防止条例に立腹、脅迫メールの男に罰金(読売新聞)

マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会(医療介護CBニュース)

 民主党の「国民生活研究会」(中野寛成会長)は4月6日、医療・介護・年金分野について検討する第一分科会の初会合を開き、足立信也厚生労働政務官と高井美穂文部科学政務官から昨年の衆院選マニフェストの進捗状況についてヒアリングし、次期参院選のマニフェスト策定に向けた議論を始めた。同研究会の櫻井充副会長はあいさつで、「医療・介護は恐らく、マニフェストの大きな目玉の一つになると思う。いろいろな意見を頂ければありがたい」と述べた。同研究会は5月10日までに考えをまとめ、党の「マニフェスト企画委員会」に報告する。

 初会合で足立政務官は、衆院選マニフェストに盛り込まれた医師不足対策の進捗状況を説明。マニフェストでは、OECD(経済協力開発機構)平均の人口当たり医師数を目指し、医師養成数を1.5倍にすると明記している。これに対し、出席した議員からは「目標の根拠が不明確だ」「女性医師の退職問題を解消するために、働きやすい環境を整えるべきだ」などの声があった。また、介護に関しては、「民主党が目指す介護の姿を示す必要がある」などの意見が出た。

 同分科会は14日に、日本医師会の原中勝征会長を招き、意見交換する予定だ。


【関連記事】
医療再生、「医師不足対策が中心」―民主党マニフェスト
医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議
民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官
民主の介護議連が設立総会
「民主党に物が言えるのは私だけ」-日医会長選、原中候補が主張

米子のカッパロードに河童の三平像 鳥取(産経新聞)
<葬儀>藤井黎さん=10日午後1時、仙台市の斎苑別館(毎日新聞)
訪日観光促進で新フレーズ=茶道の千玄室氏を親善大使に-観光庁(時事通信)
<携帯電話不正利用>規制強化でヤミ金に貸与 レンタル会社(毎日新聞)
人気ありすぎて… 築地市場のマグロ競り見学が中止 5月9日まで(産経新聞)

【健康】「病気の苦しさ」語りデータベース 治療法を選ぶヒントに(産経新聞)

 病気で苦しむ人の不安解消に役立てることなどを目的に、病気の苦しさや悩みを体験した人の語りを掲載したウェブサイト「健康と病いの語りデータベース」が公開されている。現在閲覧できる乳がんについて、43人分を掲載。患者ごとに異なるさまざまな経験を知ることができ、運営するNPO法人は「治療法を選ぶ際などのヒントとして役立ててほしい」としている。(森本昌彦)

 ◆英国で立ち上げ

 ウェブサイトを運営しているのは、医師や患者、医療などの研究者らでつくるNPO法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」(東京都中央区)。英オックスフォード大学の研究者たちが2001年に立ち上げた「ディペックス」という名称のデータベースをモデルにした。

 「患者さんが自分の体験を語って、その語りを別の患者さんが見ればその人の役に立つのではないかと思いました」。発起人の一人で、ディペックス・ジャパン事務局長の佐久間りかさんは語る。医療従事者にとっても患者の率直な思いを知ることができるなど、さまざまな分野への貢献が想定できるという。

 平成17年に渡英し、データベースの仕組みや運営方法などを調査した。その後ビデオ撮影方法を学んだり、データ分析のやり方を検討し、20年から本格的に患者のインタビューを開始。21年12月から乳がん患者の語りを公開した。

 ◆ほかの病気でも

 現在公開されているのは乳がんの患者43人。乳がんと診断されたときの年齢は20代から70代以上まで。年齢のほか、治療法などによっても検索することができ、動画、文章で経験を見ることができる(一部の人は文章のみ)。文章も語り口調で構成されており、その理由について佐久間さんは「語りの力は大きい。(語っている患者の)顔を見たり、声を聞いたりすることで生々しさが伝わるし、情報に対する信頼度が上がる」と説明する。

 正確な情報を伝えるため、インタビューした後に医師や患者会のスタッフらが内容をチェック。語りで登場する薬の名称が間違っていたりした場合に内容を修正したりしている。

 乳がんだけでなく、前立腺(せん)がんの患者へのインタビューも既に終え、今年6月には前立腺がんの患者の語りも公開するとともに、乳がんの患者の語りも51人に増やす予定。将来は認知症についても公開を目指している。

 佐久間さんは「正しい治療法がどこにあるのかを探している人が多いと思うが、そういう情報提供はしていない。色々な立場の人の声を載せており、ほかの人がどうやって治療法を選んだのか、どう生きたのかが見られる。自分が治療法などを選び取る際のヒントにしてほしい」と話している。

10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
<住宅全焼>焼け跡から3遺体…岩手(毎日新聞)
城山三郎空腹の従軍…海軍での手帳公開へ(読売新聞)
京大発ベンチャー 電気自動車生産へ(産経新聞)
<普天間移設>政府案「月内」断念 米の反応厳しく(毎日新聞)

<酒気帯び>容疑で自衛官逮捕 乗用車に追突 山口・宇部(毎日新聞)

 山口県警宇部署は28日、駐車中の乗用車に酒気帯び運転で追突したとして同県山陽小野田市埴生、海上自衛隊小月教育航空群司令部3等海佐、福元真也容疑者(41)を道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。「飲酒運転はしていない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、28日午前2時20分ごろ、宇部市東本町1の県道で乗用車を運転中、左端に駐車中の普通乗用車に追突。駆けつけた警察官の飲酒検査で呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上のアルコールを検出したとされる。追突された乗用車には男性会社員(20)ら4人が乗車中で、けがの有無を調べている。

 同署は福元容疑者の飲酒の場所や時間を調べている。【中尾祐児】

<首都高>渋谷-新宿を直結…中央環状線が区間開通(毎日新聞)
座礁フェリー無惨な姿 船体バラバラ、撤去「6月末までに」(産経新聞)
小沢氏会見要旨(産経新聞)
阪神百貨店で「全国お忘れ物リサイクル品大処分市」(産経新聞)
住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
プロフィール

しゆとうみつお

Author:しゆとうみつお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。